仕事

日々の仕事を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私の趣味

インテリアショップなどをのぞくと素敵な洋書がインテリアとして
ディスプレイしてありますよね!
そんな洋書に魅了され、洋書を集め始めたのが○年前!
(↑忘れてしまいました!)
インテリアにもなるし、本に掲載されている写真などカラフルで、
色の使い方や収納の考え方など日本の住宅と違うところが面白く
参考にしたい所!

日本の生活用具は、合理的で使いやすくデザイン的にはイマイチ。
もしくは、デザインはいいんだけど使いにくいという二極化だった
ような気がするんです・・・。
でも近頃は使いやすくてデザインも良いものが増えてきましたよね。
住宅においても、梁をみせたり自然素材を使ったりデザイン的にも
かなり良くなってきました。
今まであきらめていた憧れの部分に少し頑張れば手が届くところに
まで来ています。

でもいざ家を建てよう、お洒落にしたいと思っていても
どういう風にしたいか、イメージを伝えられないと自分の思ったよう
な家づくりができないものです。

自分の憧れの住宅を作ったり、お部屋のイメージをかえたりするのに
住宅雑誌は参考になります。
私は子供のために、素敵な部屋づくりをしてあげたいなぁと思ってい
ます。(子供にとっては迷惑だったりして・・・)
しかし、小さいうちから良いものを見たり、触ったりすることは子供
の感性を豊かにしてくれます。

そこで私が集めている洋書の中の一冊を紹介。
今はまだ2才の娘が、いずれ部屋を使うようになった時にこんな部屋
で過ごせてもらえたらいいなぁ~と思い買った本です。
ベッドで寝ている赤ちゃんから日本でいうと高校生か大学生ぐらいの
子供の部屋まで載っています。
子供部屋でなくても十分インテリアの参考になるとても楽しい一冊です。


洋書

人気blogランキングへ参加中!ポちっと応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。